シンデレラタイムに踊りだす敏夫のブログ

シンデレラタイムに踊りだす敏夫のブログ

Just another WordPress site

引っ越し作業について

読了までの目安時間:約 11分

 

引っ越し作業についてですが運ぶ荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。そういうことであれば自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。養生用のテープや緩衝材などもふんだんに使ってもらえますし、作業も慣れてて早いです。それに、なんらかの事故が起こってしまった時に作業を行った業者がその責任を負って弁償するケースもあるためです。事前にできる引っ越し準備の一つとして家中の物を持っていくかどうか選り分けを進めていくと、不要になった家具など、粗大ゴミが出てきます。こういった粗大ゴミですが普通にゴミ収集日に出すことはできませんので、まず自治体に処分方法を尋ねてそれに則り、処分するようにしましょう。引っ越し日が近づいてきてからゴミの処理を始めると、かなり慌ただしいですから、余裕を持って処分しておきます。大半の世帯では、引っ越しの際に日常生活の細々したことを見直すことが必然ですが、日頃見落とされがちなNHK受信料についても考えるきっかけになります。まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料が引き落とされているならそれを止め、転居後は解約するよう進めていく手続きを、やってみる価値はあります。引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。資格喪失は、旧住所で手続きができて、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。国民健康保険証と、印鑑とそれから本人確認書類を何か用意して手続きを終わらせてしまいましょう。誤解されがちですが、同市内での引っ越しだったとしても、転居届の提出は必須ですから、留意しておいてください。あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。転出届が先で、転出する市区町村の役所で手続きをしてもらってきます。それから今度は転入する市区町村の役所に行って、転入届を出すのです。転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入の手続きができないことは注意しておきましょう。この届が他の手続きの元になるので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。ワンルームに住むとすれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。まして、ドアが小さい住まいであれば、業者に依頼しても転居先のドアからベッドの搬入ができないという大変な話もあるようです。そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを割り切って始めてみても部屋をより広く使えるようになりますよ。どんな世帯の引っ越しにも、欠かせないものがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。簡単に入手できるものばかりですが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかでおまけとして、梱包用グッズを必要な分だけもらえることが多いのです。契約成立でもらえるものが、単なるお金の無駄にならないように業者へ見積もりをお願いするところでどうなっているのか知っておきましょう。最近では、だいぶん廃れてしまったようですが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣が、一昔前からありました。どういった由来があるのかというと、ソバの形からどうか細く長くお付き合いできますようにという願いを込めたのと、ソバに越してきましたので、よろしく等という洒落っ気も込めて新居の近所の人達に振る舞ったり、もしくは配ったりしたと言うことです。新築の家が完成したのが数年前です。引っ越ししたときに、何といっても、デスクトップパソコンの移動に全力を尽くしました。引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。衝撃でデータが壊れてしまわないようクッション材はたっぷり使いました。業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたので傷もつかず、データも全て無事でした。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時には考えていくべきでしょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、引っ越しても電話回線を使えるようにするための意外と時間がかかるやりとりが生じます。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話もファックスも使えない生活になりますので引っ越しの多い時季には先手を打って必要な作業を進めていきましょう。新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、ぜひ、ざっくりとでいいですから、片付け始めから、終わりの目途がつくまでの、予定を立てておくと良いでしょう。荷物の梱包などを極端に早く開始すると片付けが進みすぎて、生活に支障が出てくることも考えられますし、あまりスローペースだと、間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまず少しずつ荷造りしていくと無駄なく進めていけるはずです。作業を順調に終わらせる計画性も、引っ越しにおいては大切ではありますが、常に頭に置いておきたいのは引っ越しにかかる費用を節約するということです。引っ越しの準備はえてして計画通りには進まない物ですから、予算をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。見積もりを依頼する時に、安い業者を選択できるかどうかがポイントですから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。引っ越しをするならば、ご近所への挨拶は今後の近所づきあいがギクシャクしないようにするためにも必要なものです。ここで悩むのが贈答品でしょう。その中身はともかくとして、のしの選び方で戸惑う方も多いようです。引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、のしは外のしが最適です。表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記名しておけば問題ないでしょう。よく知られているように、引っ越しの総費用というのはかなり高額になってしまうことが多いです。そういうことですから、出費を抑えるためにも業者の選択はよく考えて検討した方が良いでしょう。業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしても会社により、料金が変わってくることがあります。できるだけ費用を安く抑えたい、安い業者を見つけたいという人には、一括見積もりサイトが役に立つでしょう。使い方ですが、サイトの入力フォームに必要事項を書いて申し込むだけです。そうしたら数社からの見積もりを比べて検討ができるので、わかりやすいです。一回引っ越ししてみればすぐ気がつくことでしょうが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。引っ越し経験は私にもありますが、さほど難しくない手続きで解約できます。しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。もれがないようにしましょう。その場合は、転居していても月末まで料金を請求されるのが普通です。家族の事などを考えて家と土地を買ったのですが、そういった不動産の売買契約時には実印と印鑑証明がいることをその時に初めて教わりました。印鑑登録申請については、親が済ませていてくれていたのですが、違う市から転入することになる今回の場合は、引っ越し先の市役所とか出張所にて新しく印鑑登録の手続きが必要になります。なので、急に登録に行かないといけなかったですからとても気忙しい思いをしたものです。思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。私の引っ越しでは、新築の家だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、引っ越し先が新築でなければ引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。引っ越し先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを転居後も使おうとするか、買い換えを検討しているならば、使いたいコンロが使用可能か、注意してください。年金生活になれば、誰でも生活が大きく変わることは避けられません。この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活パターンが大きく変われば、生活と住環境のずれが出てくるものです。まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら家賃負担が大きくなることが予想されます。よりよい環境を求めて引っ越すのも十分検討の余地があります。転勤で職場が遠くなったので、とか家族の人数が変わった、などの事情があって人は引っ越しするのではないでしょうか。その際、不要になったものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎晩使っているので引っ越しで買い換えるものでもないのでしょう。運送トラックに、引っ越しの荷物が全て積み込まれるまで、一体どれくらいの時間がかかるかというのは毎回変わります。部屋の階数、荷物の個数、そして作業する人数などによりぜんぜん変わってしまいます。そういったことを踏まえて、ということになりますが、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、荷物の量が極めて多めの世帯であれば2時間を越えるくらいで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。
大阪市大正区 引越し 見積もり

 

引っ越し

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る